「Season (Autumn) 」利用中♪スキン利用歴はこちらから♪

Evernoteで見出しをつけてブログ記事の下書きにする方法

EvernoteEvernote
この記事は約5分で読めます。

ブログの下書きは、Dynalistでまず下書きを始め、
骨組みが大体固まったら、Evernoteにコピーして仕上げています。

その後、以下の流れでWordpressのエディターにUPしてしました。

  1. Evernoteで見出しをつける
  2. 記事が仕上がったら、内容をコピー
  3. 「Ctrl」+「V」でWordpressエディターに貼り付け
  4. WordPress上で、見出しに変換

見出しとしたい行にカーソルを、「Ctrl」+「数字」を押すとEvernote上で見出しの表示になっていたんです。
ところが、 現在、「Ctrl」+「数字」が利用できなくなっていました。

「ベータ版エディタ」 がリリースされていたので、おそらくその影響かなと考えてます。

デスクトップ版では、「Ctrl」+「V」を押しても同じ動作になりません。
有効なのは、Evernote for Windows(ウェブ版のみ)でした。

しかし、新エディターでは、本文と見出しが設定できる機能が追加されているので、
「Ctrl」+「数字」を使わなくても見出しが設定できるようになっていました。

「Ctrl」+「数字」 で見出しをつけて、Wordpressにコピペする方法を記事にしていましたが、方法が変わったので、内容を変えて記事をUPしています。

Web版(Evernote for Windows)の 「ベータ版エディタ」 の見出しの設定とWordpressへの貼り付けについてまとめました。

Evernote Web版「ベータ版エディタ」 は標準で見出しをつけられる

iPhoneアプリからもWeb版と同様に見出しを付けることが可能です。

現在、Web版(Evernote for Windows)では「ベータ版エディタ」がリリースされていますが、切り替えは任意で、いつでも旧エディターに戻れます

文字を選択した状態で「本文」横の矢印をクリック

上記矢印をクリックすると、↓下記の選択項目が表示されます。

右画像の3階層目の「見出し(大)」を適用まで表示させなくても、
左画像の「見出し(大)」をクリックすれば見出しになります。

見出しにした後コピーする

見出しにすると上記のように表示されます。
これをコピーします。

Gutenbergエディターに貼り付ける

エディターに貼り付ける時は、プレーンテキストにせずに普通にそのまま貼り付け。
※普通に貼り付け「Ctrl」+「V」

下記のようにちゃんと見出しになります。

標準機能では、見出しは「h3」まで

Evernoteの標準機能だと設定できるのは、「h3」までです。
以前のショートカットキーを使う方法だと「h5」まで設定できたんですよね。

以前の見出しをつける方法

見出しをつけたい行にマウスカーソルを合わせて「Ctrl+数字」のショートカットキーを押す。
※見出しから普通の書体に戻す時は、再度、「Ctrl+数字」で解除。

  • 「Ctrl+1」→h1
  • 「Ctrl+2」→h2
  • 「Ctrl+3」→h3
  • 「Ctrl+4」→h4
  • 「Ctrl+5」→h5

↓コピペしてGutenbergに「Ctrl」+「V」で貼り付け。

「h3」 以降をつけたい時は「Markdown記法」

Evernote上では変換されませんけど、
以下のように見出しをMarkdown記法にしておけば、
WordPressエディターにコピペした際に見出しに変換されます。

####見出し→h4
#####見出し →h5

(Markdown記法では、「#」が見出しの記述)
ちなみに、h1は「#見出し」、h2は「##見出し」の記述です。

この場合は、プレーンテキストで貼り付けます。(「Ctrl」+「Shift」+「V」)

まとめ

見出しの標準機能は、現在、
Evernote for Windows(Web版)の「ベータ版エディタ」iPhoneアプリで利用できます。

Web版(Evernote for Windows)の 「ベータ版エディタ」 での見出しをつけるには、
ノートの左上部メニュー(デフォルトでは「本文」と表示)から以下の選択ができます。

Evernoteの見出しとWordpressの見出し
  • 見出し(大)・・・Wordpress側で「H1」
  • 見出し(中)・・・Wordpress側で「H2」
  • 見出し(小)・・・Wordpress側で「H3」

上記の場合、貼り付けの操作は「Ctrl」+「V」です。

H4以降を反映させたい時は、Evernoteで以下のMarkdown記法で直接入力します。
(Markdown記法では、「#」が見出しの記述)

Evernoteでの記述

#見出し1
##見出し2
###見出し3
####見出し4
#####見出し5

上記の場合、貼り付けの操作は「Ctrl」 +「Shift」 +「V」です。

私は「Dynalist」も利用してますが、Evernoteだと、画像の挿入もできるので、
記事の仕上がりのイメージがより掴みやすいんですよね。
※DynalistのPro(有料)版だと画像の追加は、可能

Evernoteで作成したリスト(ul)、番号付きリスト(ol)、太字(B)もWordpress側に反映しますし、最近は「Dynalist」は飛ばしてそのままEvernoteで書き始める事もあります。(^_^;

Evernoteは、無料でもめっちゃ使えると言われてた頃からずっと利用してます。
利用初期の頃から早めに有料に切り替えて利用してますし、
ワタシにとっては他に乗り換える気にはならない鉄板のサービスです。

と言いながら、プレミアムで登録してる癖にそれほど上手に活用はできてなくて、
ただの倉庫になっている記事もありましたけど、
ここ最近また頻繁に利用するようになってて、
EvernoteからそのままWordpressへ投稿できる仕組みに変える事も検討中です。

なので、もちっとEvernote関連の記事も増やせるかなと思ってます。
それでは、また!けろら~でした♪\(^▽^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました