Cocoon「ミックスグリーン」利用中。スキン利用歴はこちら♪

高機能メモアプリ「Drafts5」リリース!迷うけど結局「Drafts4」

iPhoneアプリ
この記事は約9分で読めます。

iPhone標準のメモアプリも昔に比べると随分使いやすくなってはいるようですが…。
ほとんど使った事がないけろら~です。(^▽^;)

そんな私がメモアプリとして、活用しているのが「Drafts4」でした。
軽いし、メモからのアクションが抱負なのが魅力です。

なんですけど…最近は使用頻度がかなり低くなってまして…。
そんな中「Drafts5」がリリースされたということで、どれを利用するか迷った話が今回の記事です。

高機能メモアプリ「Drafts4」

※2019/08/30 追記
リンクエラーが出ていたので、App Storeを確認したところ、
Drafts4は、現在削除されてる模様。
Drafts5のアプリ名が「Drafts5」→「Drafts」になってました。
(-。-;)

使い始めの頃は、Drafts4愛溢れるりんろぐ。さんの記事を読みあさって、参考にさせていただきながら、EvernoteやWorkflowyへのメモ用によく使ってました。

で…ま、これ、σ(-_-)ワタシのよくあるパターンなんですけども…

優秀なアプリを活用せず放置して、宝の持ち腐れにしてしまう癖があります。(T▽T)アハハ!
もったいない事にDrafts4もほぼ置いてるだけ…そうなってました。(-。-;)

使う事といえば…

「あの漢字なんだっけ?」と入力して調べたりとか…
自分からLINEする時くらいだったんですよね。(それも、自分からLINE送る事がかなり少ないので、ほぼ出番なしのDrafts4でした。)

より使い勝手が上がった「Drafts5」がリリース

※現在、アプリ名は「Drafts5」→「Drafts」に変更されています。

Drafts

Drafts

Agile Tortoise無料posted withアプリーチ

Drafts4もそれほど活用してない癖に…
それでも後継がリリースされるとなるとやっぱり気になるモノで…。(^▽^;)

またまたDrafts愛溢れるりんろぐ。 さんの記事を読ませていただきました。

いつもの私なら、インストール無料なので、ここで即効、試すところなんですが…。(^▽^;)

月単位、年単位のサブスクリプションタイプなんですよね、Drafts5は。
私の悪い癖で、「この機能は、有料版にすると使えます。」なものに弱くてですね…。

それほど使いこなせない癖に、「あるときっと便利」と適当に考えて有料版にするところあるんです。

で…結局使わなくなる…。

それならば…今でも多機能な「Drafts4」で充分じゃないか?

一度、インストールすれば私の性格上、必ず有料版を購入する事は目に見えていたので、今は、無料版の利用はしないことにしました。
で、、、「Drafts5」は利用しない予定なんですが、
これを機会に最近あまり使用してなかった「Drafts4」を再開することにしました。

ワタシの「Drafts4」の使用方法

最近、「Dynalist」にメモをすることが多くなったので、「Drafts4」のメモして「Dynalist」へ送るアクションを登録して利用しています。
(直接Dynalistに送信するのではなく、「Dynawrite」というアプリを間に挟んでいます。)

「Drafts4」で入力して、「Dynalist」に追加

  • 「Memoflowy」 のアクションをインストールする
  • 「Dynawrite」のアクションに置き換え

まず「Memoflowy」 のアクションをインストールする

「Memoflowy」 とは、アウトラインツールとして歴史の長い「Workflowy」の拡張アプリで、
「Workflowy」ユーザーさんであれば、誰もが知っているはずの有名なアプリです。

実は、「Workflowy」の入力補助アプリ「Memoflowy」「Dynalist」の入力補助アプリ「Dynawrite」の作成者様は同じ方なんです!!
そのためか、「Memoflowy」のアクションのurlスキームDynalistのurlスキームに置き換えるだけで、難なくDrafts4で利用できます。

「Dynawrite」に置き換える

urlスキーム置き換えの流れ
  • SSTEP1
    アクションをインポート

    りんろぐ。さんの記事より、Drafts4に登録できる以下の「Memoflowy」のアクションをインポートします。

    • Drafts4のテキストをMemoFlowyのテンプレート付き画面に送るアクション
    • Drafts4のテキストをMemoFlowyのテキストに追記するアクション
  • STEP2
    urlスキームを置き換え

    アクションをインポートしたら「Draft4」を起動して、該当のアクションの編集画面を開き、urlスキームをDynalistのスキームに置き換えます。

    「memoflowy:」→「dynawrite:」に修正。

メモの入り口に

すべてのメモを「Drafts4」へという使い方を最近してなかったんですよね。
どうも続かなくて…。(^^;)

多分、設定するだけで満足して、結局行動が伴わないんですよね。

今回もいつまで続くかわかりませんが、以下の場合は、必ずDrafts4を開くというルールを習慣化する予定です。

  • カレンダーに予定を入れる時
  • Dynawriteへメモ追加時
  • 自分からLINEを送る時

上記くらいの使い方なら、Drafts4でも充分なんですよね。

な~んて、思ってたわけですが…。

Drafts4再開後、Drafts5も気になり始めた

Drafts4に不満はそれほどなかったんですけど…やっぱりDrafts5が気になって気になって…。
とうとう、インストールしてしまいました!(^^;)

そしたら、やっぱ使い勝手上がってるんですよ。(当たり前?汗)

  • タグが付けられる
  • Markdownの表示が見やすくなった。
  • Keyboardの入力がサイドバーから出来るので、使い勝手が上がった。
  • メモのマージやコピーなど、メモを整理する機能がグレードアップされている。
  • 見た目もフラットになって、前より好み。
  • 操作感も、若干、Drafts4より軽い気がする

上記、パッと思いついたものをピックアップしてますが、テキストエディタとしてその他様々な機能がついてます。

無料版でメモ中心の使い方であれば、問題なさそう。
いや、メモだけなら無料で充分…というか無料なのにスゴいと感じました。

無料版でも、アクションをダウンロードして利用が可能です。
カスタマイズはできないようです。(この辺がまだよくわからない。)

Draft5をインストールしてしまったら、もう、Drafts4とDrafts5の間で心が揺れ出してしまいました。

「Drafts4」 か「Drafts5」かで揺れる心

ワタシの使い方だと、機能的には、Drafts4で十分。
でも、なんだかDrafts5の方が、基本機能も使いやすそう。
どうしようと揺れに揺れる心の中で、検討してみました。

3つの選択

  • Drafts4のみ利用。
  • Drafts4とDrafts5の併用。
  • 思い切って、Drafts5の有料版、購入。

「Drafts4」のみの利用

買い切りで、「¥1,000」だった、Drafts4。(今600円なのが、何気に悔しい)
その分、使いこなせているのかっつうと…全然だし…。

これまでの自分を振返ってみると、Drafts5にしたって、また活用しなくなる可能性は大。
Drafts4だって、充分に多機能なところもあるし…。

「Drafts5」の無料版だとカスタマイズができないとのことなので、別に「4」でも十分では?

「Drafts4」と「Drafts5」を併用

メモ機能も格段上がったDrafts5はやっぱり使いやすい。

アクションもまったく利用できないわけじゃない。

デフォルトで入っているアクションも基本的な物は揃っている。
ただ、たまに、少し修正したい時もあるからそういう時に不便だなと思うだけ…。

それならば…

  • Drafts4で、アクションをカスタマイズ→Drafts5へエクスポートするとか
  • その月だけ課金とか

上記で対応は可能。

でも、それさえも面倒になりそうなところがネック。

「Drafts5」有料版を利用する

有料版にするのはいいけど、今の自分にとって、

有料版機能は必要なのか?

これが、すごく迷うところ。

自分でアクションは作れないし、どなたかが作成したアクションを利用させていただいているのみ。
あと、Evernoteのアクションをちょこっといじるくらい。
それも、最近は、Evernoteへのメモもほとんどない…。

有料版を自分に使いこなせるか?
無駄にお金を使った気がして、後で落ち込まないか?

有料版のネックは、そこ…。

考えた結果

迷いに迷って決めたのは…

「有料版」を使う

の選択でした。(^^;)
理由は、以下です。

  • メモ帳として使い勝手が上がったDrafts5の方を使ってみたい。
  • Drafts4とDrafts5を行ったり来たりする併用は面倒くさい。
  • 有料版でも、年間にすれば、月200円もかからない。
  • これ以上グダグダと悩むのも面倒くさい。

最終的に考えるのが面倒くさくなったというオチです。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

有料版については、

  • 240円で1ヶ月だけ使ってみる。
  • 年間プランで7日間だけのトライアル

いつのまにか放置…な癖のある私なら、上記でお試しする手もあったのですが…。

年間プラン¥2,200に決めました。

7日間じゃ足りない気もするし…1ヶ月経ったら、もう無料に戻れないと思ってしまうかもしれないし…

それなら、最初から年間で使う事にしてしまおう…だって、その方がお得なんだもん。(T-T) ウルウル・・・月で割ると、¥183くらい。

それに、使いこなせなくても、「より多機能」って言葉に弱いんだもん。
こうなったら…ガッツリ使いこなしてやる~!!

と…アプリを無料から有料に移行する時に、必ずそう誓うけろら~なんですけども…。
1年使って、ダメなら、無料に戻る…ことにしました。

あとがき

高機能なメモアプリ「Drafts4」と「Drafts5」。

どちらも基本的には、多機能なのでどれを使うか迷う方も多いと思うんですけど、

「Drafts4」をすでに購入済で、シンプルな使い方しかしてないなら、「Drafts4」でも、十分だと思います。

めっちゃ、メモを活用してあれこれやってる方には、やっぱり「Drafts5」が使いやすいと思います。

メモした内容にタグをつけたり、検索もできるので、頭に浮かんだ事をメモする「Inbox」として使うのには、ピッタリかと。

迷っている方の参考になるところがあればよいのですが、どうもうまくまとめる事が出来てない記事に仕上がってしまった気がして申し訳ないです。(-。-;)

でも、最後まで読んで下さってありがとうございます!!

また、そのうち、Drafts5の記事を書きますね~。そのさいは、もう少しうまくまとめたいと思います。(^▽^;)

それでは、また!けろら~でした♪(^▽^)/

コメント欄

タイトルとURLをコピーしました