「ミックスグリーン) 」利用中♪スキン利用歴はこちらから♪

Gutenbergに対応♪簡単に商品リンクが貼れる「Amazon Associates Link Builder」

ブログ
この記事は約8分で読めます。

Amazonアフィリエイトプラグラム、公式プラグイン「Amazon Associates Link Builder」がGutenbergに対応となりました。

1月末くらいから、Wordpressプラグイン公式サイトで、ベータ版(?)がアナウンスされてて、Wordpress管理画面から更新出来るようになる日を今か今かと待ってました。

これで、ブロックエディター画面から、サクッとAmazon商品リンクを追加できます!!

ワタシが利用させていただいているテーマ「Cocoon」は、簡単に商品リンクを貼れるんですが…諸々の事情があって、「Amazon Associates Link Builder」を利用しています。
(PA-APIの制限に影響がないと思ってたら、「リクエストが早すぎる」のエラーが出ているため、現在、CocoonのAmazon商品リンクに戻しています。)

追記:2019/03/08

売り上げ実績がなくても、Amazon商品リンクを生成できるプラグインと思いインストールし、オススメするつもりでこの記事をUPしましたが、結局、PA-API制限の可能性があることに変わりがないことが判明しました。

CocoonのAmazon商品リンクの方が、キャッシュ設定も出来るので、Cocoonユーザーさんであれば、敢えて利用しなくてもいいプラグインと思われます。

以下、「Amazon Associates Link Builder」の導入、設定、使い方についてまとめます。

導入前に調べていた方がよいもの

  • アソシエイトID
  • アクセスキー
  • シークレットキー

アソシエイトIDは、管理画面の上部に「アソシエイトID:○○○」と表示されてます。
複数ある場合は、切り替えができるはずです。

アクセスキーシークレットキーは、Amazonアソシエイト管理画面より取得します。

上部メニュー「ツール」→「Amazon Product Advertising API」→「認証キーの管理」「認証情報を追加する」ボタンを押して、取得。

※シークレットキーは、取得時にしか表示されないので、コピーorダウンロードしてどっかに保存が必須
( アクセスキーは最大2個まで保持)

インストール方法

WordPress管理画面→プラグイン→新規追加「Amazon Associates Link Builder」で検索。(「Amazon」だけでも、出てきます。)

「今すぐインストール」ボタンをクリック→「有効」ボタンをクリック

WordPress管理画面の左サイドメニューに「Amazon Associates Link Builder」が追加されます。

サブメニューは、3つです。

  • About
  • Setting
  • Template

基本設定

「Amazon Associates Link Builder」メニューから「Settings」をクリック。
先に調べておいたアソシエイトID、アクセスキー、シークレットキーを入力します。

Tracking Id(s)

トラッキングIDは、「Add a Marketplace」をクリックすることで入力欄が表示されます。

最初の欄で「JP」をプルダウンから選択して、次の入力欄に「トラッキングID」を入力します。

Site Wide Settings

テンプレート等の設定ですが、そのままでも問題なしです。

どうしても、デフォルトのテンプレートを変更したいとか、保存先を変更したい場合は、修正。

※デフォルトのテンプレート設定はありますが、商品リンク生成画面でも、任意のテンプレートを選択できます。

PA-API Credentials

アクセスキーとシークレットキーを入力します。

Save Changes

ボタンを押して、設定を保存します。

Check here to indicate that you have read and agree to the Amazon Associates Link Builder.

Amazon Associates Link Builder|Settings

訳:Amazon Associates Link Builderを読み、同意したことを示すには、ここをクリックしてください。

上記、チェックを入れないと、保存ができません。(設定変更の度に、チェックが必要です。)

Conditions of Use.のリンク先は、世界各国のAmazonプライバシーポリシーのリンクをまとめたPDFになってます。

テンプレートの作成

「Amazon Associates Link Builder」メニューから「Templates」をクリック。

作成画面

テンプレート画面

Select Template

テンプレート選択する項目です。

Create new templete・・・新規にテンプレートを作成する時はこれを選択

デフォルトの既存テンプレート
  • PriceLink
  • ProductGrid
  • ProductAd
  • ProductCarousel
  • ProductLink

テストページを作って、デフォルトのテンプレがどんな表示スタイルか確認して、
それをアレンジするした方が、楽そうです。

テンプレートの修正

既存のテンプレートを選択するとHTMLタグ、CSSの欄が選択したテンプレートの内容になります。
内容を修正して保存すると、既存のテンプレートの修正ができます。

テンプレートのコピー

既存のテンプレートを選択し、「Clone」ボタンを押すと、コピーが作成され、
既存のテンプレート名の手前に「Coppy-」が入ったテンプレート名で追加されます。

(例:Coppy-PriceLink)もちろん、後で、修正可能。

Set a name for your template

新規テンプレート名の入力欄です。
テンプレート選択で、「 Create new templete 」を選択し、任意の名前を入力します。

Guide for creating custom templatesのリンクは、テンプレート作成のガイド(PDF)へのリンクです。

Add HTML for your template

HTMLタグの入力欄。

Add CSS for your template

CSSの入力欄。

Seve

全部入力したら、ボタンを押して保存。

テンプレート作成で参考になる記事

基本設定もこちらを参考にさせていただきました。
テンプレートで利用できるタグの説明等、非常にわかりやすい説明があります。

ワタシは、参考…というか、記載のHTMLをほぼコピペです…(-“-;A
表示させたい形式になっているテンプレートだったので、CSSの方にアレンジを加えて利用させていただいてます。

使い方

ブロック追加メニュー「ウィジェット」に格納されてます。
ブロック名:Amazon Associates Link Builder

ブロック追加

Amazonブロック呼び出し

検索だと「Amazon」ですぐ表示されます。

ブロック追加後は、以下のように表示されています。

Amazonのブロック

キーワードを入れて、「Search」ボタンを押します。

商品リンク追加画面

商品リンクを追加の操作を行うウィンドウが表示されます。
(Add Amazon Associates Link Builder Shortcode)

商品検索も、再度この画面から出来るので、商品を探しやすいです。
テンプレートもショートコードごとに設定できます。
画面の項目や操作は、見ればすぐわかると思うので詳細は省き、主な項目だけ記載します。

商品リンク生成

Ad Template

プルダウンから、既存のテンプレートを選択できます。

Click to Select product(s) to advertise

キーワードで検索された商品です。

List of Selected Products(Maximum:10)

検索された商品の中から任意の商品をクリックするとここに表示されます。
貼りたい商品リンクになります。

商品リンク生成

Add Shortcode

貼りたい商品リンクが決まったら、「Add Shortcode」のボタンをクリックします。

ブロックエディター画面にショートコードのブロックが追加されます。

ちなみに、手動でテンプレートを変更したい時は、ショードコードの「Template」の箇所を修正することで変更できます。

Amazon商品リンクショートコード

ちょっとした検証

再利用可能ブロックに登録できるかどうか試してみました。
登録自体はできるんですけど、呼び出すとブロックの内容が消えてしまった状態で、使えませんでした。(^▽^;)
ま、追加が簡単なので敢えて再利用ブロック使わなくてもいいような気もしますけど、とりあえず、やってみたかった。(苦笑)

まとめ

以上、「Amazon Associates Link Builder」の導入、設定、使い方についてでした。

おすすめポイント
  • 基本設定も簡単
  • 表示スタイルもテンプレートで自由に作れて、使い分けも簡単
  • Gutenberg対応なので、ブロックエディターから楽々追加
  • 商品検索もスムーズ
  • API制限に影響がないので、「売り上げがない」場合の心配しなくてよい

Amazon公式のWordpressプラグイン「Amazon Associates Link Builder」は、さすが、公式だと思える非常に使いやすいプラグインだと思いますので、興味のある方は、ぜひ、試してみくださいね。

それでは、また!けろら~でした♪\(^▽^)/

タイトルとURLをコピーしました