「ミックスグリーン) 」利用中♪スキン利用歴はこちらから♪

iTunesアフィリエイトにおすすめ♪「WP Applink」 で手間をかけずにリンクを作成♪

Wordpressプラグインブログ
この記事は約5分で読めます。
追記

「WP Applink」は、Gutenbergのブロックエディターには、現時点で未対応ですが、
修正予定との作成者様の記事をお見かけしたので、いつかは対応してくださるかも…です。
ブロックエディター画面にも表示はされますが、旧エディターからの利用のみです。

とりあえず、iTunアフィリエイトプログラムにも登録してたりするけろら~です。(^▽^;)

でも、紹介してるのはiPhoneアプリぐらいで…
「App Store Insert」というプラグインを利用して紹介リンクを貼っていましたが、すでに公式からの配布およびサポートが終了しているプラグインなんですよね。

そのうち使えなくなる日もやってくるだろうと思いつつ、特に不具合も感じず…(いや、ただ気付いてないだけ?)ず~っと使い続けておりましたが…

このたび新しいプラグイの乗り換えることにしました。
それが、「WP Applink」です!

WP Applinkの主な特徴

  • 記事投稿画面で、サクッとリンクを貼れる♪
  • ショートコードで、リンクを作成できる♪もちろん、HTMLでも、可♪
  • アプリ以外のリンクも作成できる♪
  • アプリのスクリーンショットを表示させることができる♪
  • プラグインを削除する時も、余計なデータが残らない♪
  • キャッシング機能で、APIへの過度なリクエスト送信がない♪(負荷がなくなるし、表示速度も早くなる♪)

App Store Insert」もでしたけど、余計な事を考えずに、ただ貼るだけでいいプラグインって本当にありがたいです!めっちゃ楽です♪

WP Applink」は、自分でCSSをカスタマイズできるんですが、デフォルトのCSSでもシンプルなオシャレ感あるので、そのまま利用させていただいてます。
細かい設定も不要で、iTunesアフィリエイトプログラムのトークンを設定すれば、すぐに利用できます。

WP Applinkをダウンロード

WordPress管理画面からの追加

  1. プラグイン→新規追加→「WP Applink」で検索。
  2. インストールして、有効化。

WordPress公式プラグインサイトのページ

WP Applinkの使い方

使い方はとっても簡単♪

基本の設定

WordPress管理画面メニュー「設定」から、「WP Applink」をクリックし、自分のPHGトークンを入力し、「変更保存」を押すだけです。(その他の設定はお好みで♪)

WP Applinkの設定

紹介リンクの貼り付け方

Wordpuressエディター画面からの直接リンクの貼り付けが可能です。
(現在旧エディターからのみ

WP Applinkをインストールするとエディター画面のサイドに以下のガジェットが追加されます。

※表示されていない場合は、以下の操作で表示させます。

  1. 画面上部の「表示オプション」をクリック
  2. 「WP Applink 」にチェックを入れる

項目を設定し、「検索ボタン」を押します。

項目設定
  • 「キーワード」にアプリ名を入力
  • iTunesアフィリエイトプログラムのカテゴリーを選択
    • 画像で、「iPhone App」となっているプルダウンから選択
  • スクリーンショットで、表示させる画像数を選択
  • 検索数で、検索結果の表示数を選択
WP Applink

エディター内で貼り付けたい箇所にカーソルを置き、「ショートコード」か「HTMLタグ」どちらかのボタンを押すと、選択した形式で紹介リンクが貼り付けられます。

検索出来るのは、iTunesカテゴリーは、以下です。

ショートコードのカスタマイズ

私はショートコードを利用しています。
ショートコードだとリンクを動的に生成し、
最新の情報で表示されるので価格変更も自動で反映されます。

また、App Storeから無くなってしまったアプリは非表示となり、その説明が表示されます。
その方が記事を読む方にとって、わかりやすいですよね。
余計なタグも増えません。コード一行のみ♪

アプリを検索する際に「スクリーンショット」で表示させる画像数を任意に決められます。

「0」の場合

[applink id=”アプリID” title=”アプリ名”]

数を設定した場合

[applink id=”アプリID” title=”アプリ名” screenshot=”数字”]

コードを貼り付けた後でも、手動で変更が可能なので「screenshot=”○”」を削除したり追加したり、数字の変更が可能です。(スクリーンショットは、1~5枚まで設定可能)

と…便利なコード入力ですが、デメリットも。

  • プラグインを削除すると、コードのみの表示となる。
  • HTMLに比べると読み込みが遅い。

読み込み速度については、HTMLに比べると…との事で、読み込み速度を上げるためにキャッシュ機能が追加されて改善されているそうです。

あと、ショートコードでもHTMLでもAMPページでは、エラーになるため、AMP未対応のプラグインとなります。

まとめ

本日は、iTunesアフィリエイトプログラムの紹介リンクを生成できるプラグイン「WP Applink」の紹介させていただきました。

WP Applinkは…

  • iTunesアフィリエイトプログラムの紹介リンクを簡単に貼りたい
  • 表示をCSSで自分でカスタマイズしたい
  • 価格変更を自動で反映させたい
  • AMPページは利用しない(或いは、エラーが出ても気にならない)

そんな方にピッタリなプラグインです♪

当記事では、利用していないHTML貼り付け等、その他の詳細について省略している箇所もありますので、ぜひ、作成者様の公式サイトから詳細をご一読ください♪

プラグイン作成者様のプラグイン紹介ページ

便利なプラグインに感謝です♪

また、長年利用させていただいた「App Store Insert」の作成者様…
サポート終了後も上手く動作しないプラグインの修正箇所を記事にし助けて下さった皆さまにも感謝です。
これまでありがとうございました!

それでは、また!けろら~でした♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました